和柄の畳ヘリ【矢羽根文様】

畳のヘリには和柄が元になっているものが多くあります。

その畳のヘリを使ってくるみボタンを作って

ピンバッチやヘアピンなどを作っています。

もちろん畳のヘリとしてもとってもきれいに仕上がります。

 

今回は矢羽根文様のヘリをご紹介します。

 

矢羽根とは弓矢の矢の後ろにつける羽のことです。

羽をつけることでくるくると回って真っすぐ飛ぶようにして

相手に命中させます。

相手の心を射抜くことに通じるので

恋愛成就の縁起を担がれるようになりました。

また、羽を連続して並べた矢絣文は武家では

盛んに用いられました。

 

恋愛成就の思いを込めるので

女の子の着物に使うことが多くあります。

その一例が志村けんのバカ殿で

取り巻きの女の子の着物が矢絣文ですよね。

そんなこともあるので

ぜひ女の子に着けてもらいたい矢羽根文様ですね。

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。