半分の60試合を戦い終わって

コロナ禍で開幕が遅れて、試合数は例年より少ない120試合で

ペナントレースを戦います。

開幕が遅れたことで選手の調整にズレが生じてケガをする

選手も出たりもしました。

 

阪神タイガースは昨日で半分の60試合を戦いました。

で、29勝28敗3分けで1つの勝ち越しで3位です。

 

開幕から悪夢の巨人に3連敗でスタートしました。

そこからもなかなか勝てずに2勝10敗の借金8まで膨らんでしまいました。

開幕から5カードの遠征でホームの甲子園に戻ってこれないという

不利もあったかもしれませんが

最悪の状態でした。

 

そこから奮起して、甲子園では勝ちまくりました。

負け越し8を16日間で完済しました。

 

それからは、勝ったり負けたりを繰り返し

今シーズンの半分の60試合を勝ち越し1で折り返します。

開幕の状態を考えると上出来です。

 

ただ、1つ残念なのが巨人に勝てないことです。

特に東京ドームでは6連敗です。

これでは優勝はできないですよね。

 

さて、残りの60試合の戦い方としては総力戦です。

13連戦をスタートに休みが少なく連戦があります。

なので、総力戦です。

 

特に投手は先発ががんばらないといけません。

登板間隔を詰めることもあるだろうけど、

それでも足らないので、先発は補わないといけないでしょうね。

リリーフに負担がいかないように

先発も長いイニングを投げないといけないでしょうね。

 

次は、野手も休みを入れないといけないでしょうね。

ケガをして長期の離脱は痛いので

休みを入れていかないとね。

大山、サンズ、ボーアがうまく回っているので

どのように回していくのかが監督の采配の見せ所でしょう。

 

さあ、あと60試合が勝負の戦いです。

楽しんで見たいと思います。

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。