白い畳あります

最近の新築住宅の畳はへりのない畳が増えてきました。

多くが畳を半畳で作って、概ね正方形にして

縦と横を互い違いに敷き込む、市松模様になるように敷き込みます。

これは、畳おもての縦目と横目で光りのあたりが変わることで

色が違って見えることで市松模様になるのです。

畳に詳しくない人は2色の畳おもてを使っていると思われているようです。

 

使われる畳おもてはダイケンやセキスイの

畳おもてが使われることが多いです。

どちらも天然素材でないので色の変化が少なくて

色が豊富にあるので、自分の好みに合わせたり

部屋の雰囲気に合わせたりといろんな楽しみ方ができます。

ダイケンは機械すきの和紙を使っています。

コーティングをしているので擦れに比較的強かったり

多少の水なら弾きます。

セキスイはナイロン素材なので水には強く、抗菌しているものもあります。

材料を詳しく書くのはまた今度にしたいと思います。

 

さて、今回ご紹介したいのは

ダイケンの清流の乳白色で作ったヘリなし畳です。



白系統は何種類かありますが、乳白色が一番白いです。

 

この部屋は乳白色1種類で作っています。

明るい色の畳おもてなので、部屋全体が明るくなりますよね。

日当たりもいい部屋なので、窓からの光で

より明るくなります。

 

乳白色で気になるのが汚れです。

作るときも汚れにはすごく気を使います。

濃い色だと気づかない汚れでも、白いと気づいてしまします。

でも、部屋で使った場合は気を遣わずに生活をしてほしいと思います。

もし、汚してしまっても

ダイケンの畳おもてなので汚れを落とすことができます。

中性洗剤を水で薄めて

、タオルなどに含ませて

擦るとある程度は汚れが落ちると思います。

でも、こすり過ぎには気を付けてくださいね。

表面のコーティングが剥がれてしまったり

周りと色が変わってしまうことがあるかもしれません。

 

はい、ということで乳白色の畳おもてで作った

ヘリなし畳のお部屋を紹介いたしました。

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら