その畳の上で寝られますか?

畳が汚れたや、痛んだということで畳を表替えなどをします
その畳の傷み方がひどいなあと思うことがあります



正直言ってこの畳で生活していたんだろうか?って思うほど痛んでいます
多分、ずっと気になっていたんだと思うんです。




畳は大体10年もすると、表面に傷がついてきます
これは、畳おもてが乾燥することで表面が割れてきたりします
いぐさの表皮に傷がついてきます



すると、いぐさが切れて服についたりしてくるはずなんです。
こうなると、畳の表替えのサインなんです。
畳屋としてはここで畳の表替えをして欲しいんです。



でも、ここで畳の表替えをされる方は本当に少ないです


じゃあ、いつになったら畳を替えるのかというと何かある時です

・赤ちゃん(孫)が生まれる

・子どもが巣立ったので自分の部屋にするため

・子どもたちが帰ってくる

なんかが最近の畳替えの理由です



さあ、畳をきれいにして新しい生活をしませんか?
畳がきれいになれば、今まで使ってなかった部屋が使えるようになって部屋が1つ増えます
畳の表替えは、熊本産のいぐさを使った畳おもてで7000円からです
6帖の部屋を表替えしたとしたら、畳べり代などを入れて50000円くらいになります

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら