甲子園で巨人に3タテ

甲子園で巨人に3タテするなんて気持ちいいですね

6番に入ったミエセスがホームランで先制し、才木は8回途中まで1失点。
7回には相手のミスにつけこみ、3点をとって、湯浅で逃げ切ります。

7回の得点がなければどっちが勝つか分からない試合です。
表の攻撃で秋広にホームランを打たれて同点になってしまします。
才木に勝ちをつけてあげたいし、才木も続投を希望します
8番の木浪が出塁すると、9番の才木は100%送りバントですよね
ここで勝負の分かれ目がありました
送りバントがキャッチャー前のゴロになるんです
すると、大城はセカンドに送球しますが、高く逸れてオールセーフになります
普通にプレーすると、併殺打だったでしょう
ノーアウト2・1塁と2アウトランナーなしでは全然違いますよね

流れが悪いところ、近本に回りますが、いい当たりがライトフライになります。
でも、まだ1アウトです
続く中野に四球を出してしまうところが、ダメですよね
ノイジーがタイムリーヒットで1点勝ち越します
ここで止めてればよかったんですけど、気落ちしたところ大山が2ベースでさらに2点追加します

これで、3点入ったので楽になりますよね
それにセーブがつくんです
湯浅にとっても、3点差は余裕があってセーブはつく場面で投げられたので最高ですよね

この巨人3連戦はどの試合もどっちが勝ってもおかしくないような試合でした
巨人の先発投手はよかったです
でも、ちょっとしたミスをした巨人が負けてしまいましたし、阪神にはミスがあっても投手が頑張ってカバーしてましたね

これで、交流戦に入っていきます
まずは大きく負け越すことだけは避けたいです。
5割なら御の字と思いましょう

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら