失敗しない畳おもての選び方4つのポイント教えます

畳を表替えをするとなると、どんな畳おもてを選べばいいのかがとっても悩むところです。

表替えというのは現在使っている畳の土台となっている、畳とこはそのまま使って、表面の畳おもてと畳ヘリ新しくすることです。

ということは畳おもてと畳ヘリを選ぶのですが、一番大事なのが畳おもてです。

畳おもてにはいろんな種類があって、値段も左右するので選ぶのが大変なんです。

では、この畳おもてをどうやって選べばいいのでしょうか?

ポイントは4つです

1つ目にどこで作られたいぐさ(畳おもて)なのか

現在国内で流通している畳おもては中国産なんです。

90%が中国産とも言われています。

少ない国内産の中でもほとんどが熊本産です。

あと、広島や高知などでも作られているのですが、ほんのわずかです。

生産者が片手ほどしかいません。

価格でいうと中国産の方が安いです。

安い畳がいいという方は中国産の畳おもてを選べば安くできるかもしれません。

でも、せっかく畳を替えるのなら国内産がいいという方がほとんどです。

国内産はほとんどが熊本産ですから、熊本産の見分け方がわかるといいんです。

畳おもてはいぐさを織っているわけですので、たて糸があるんです。

ここに熊本産の印があるんです。

麻糸の場合はりんどう色という、緑色の糸


綿糸の場合は緑と黄色のより糸が入っています。


ぜひ、確認してみてください

それで、中国産と国内産の何が違うんだというといぐさの香りです。

畳を新しくして一番感じるのは匂いなんです。

新しい畳の匂いっていいよね、といってくれるのですが、国内産のいぐさの香りがいいんですよね。

中国産の畳おもてはちょっと薬品っぽい鼻をつくような匂いがするときがあるんです。

2つ目に、先ほど出てきた、たて糸を確認することです。

たて糸は麻糸と綿糸の2種類があります。

概ねの特徴としては、麻糸は太くて丈夫です

綿糸は細くて弱いです。

それで、何が違ってくるのかというと、畳おもてとしていぐさを織るときにいぐさの打ち込み量が変わってきます。

もちろん丈夫な麻糸の方が多くのいぐさを打ち込むことができるのです。

綿糸で多くのいぐさを打ち込もうとすると、きれいな畳おもてが作れないのです。

なので、たて糸を見ることでいぐさの打ち込み量がわかります。

それで何が違うのかというと手触りが違います。

麻糸の方が太いので畳おもての山と谷の差がはっきりでることで手触りがいいんです。

畳おもてを撫でると気持ちいいんですよね。

ずっとスリスリしたくなります。

3つ目に、いぐさの長さです。

なぜいぐさの長さが大事なのかというと、長いいぐさを使うことで畳の端まで色がきれいだということと、いぐさの太さが揃っているということなんです。

いぐさは株分けをして育っていくのですが、一番長く育つのが5番目の株なんです。

この5番目のいぐさばかり使った畳おもては色も揃っているし太さも揃うのできれいなんです。

しかも、数年経って色が変わったときもきれいなんですよね。

同じ株のいぐさを使うことで、色が揃うので焼けたときでも同じような色になるのでとってもキレイなんです。

これが綿糸で使うようないぐさは3番目~7番目の株のいぐさが入ったとするといぐさの太さ色がバラバラで、日焼けしたときにバーコードのような模様になってしまうのです。

もし、お宅の畳がバーコードのような感じになっていたらそれほどいい畳おもては使われていないということです。

4つ目はどれくらいの量のいぐさが使われているかです。

確認の仕方としては、畳おもてを掴んでみてください。

お客さんは「わからないから」と言いますが、掴んでみてください。

違いがわかるはずです。

いぐさの量が多いと見た目も違います。

目が詰まっています。

また、丈夫ですよね。

畳を表替えをしようとしたら、しっかり畳おもてを見分けて、しっぱいしない表替えをしてくささい
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

畳についてちょっと聞きたいなあと思ったらお気軽にLINEしてください

 

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら