畳を替えるときどんな点を気を付けて選べばいいのか

畳が日焼けをして色が茶色くなってきて、しかも表面が毛羽立ってきたらもう畳の交換時期です。

替え時はこちらをみてください

https://tokitomo-tatami.jp/blog/detail.php?cd=357


畳をきれいにするには畳の土台から新しくする新調か、表面だけ新しくする表替えがあります。

畳の構造はこのようになっています。


畳どこまで弱ってきていて凸凹になっていたり、踏むと大きく凹んでしまったりしていると畳どこから交換した方がいいかもしれません。

その時は畳どこを選ばないといけません。

畳というとわらを使った畳どこを思うかもしれませんが、今はお米の生産量が減ってきていますし、コンバインを使って刈り取るのでわらも粉々になっちゃうんので、畳どこの材料も少なくなっています。

そして、畳どこの生産者も少なくなってきましたので、わらどこはとっても効果になっています。

でも、わらどこの感触っていいんですよね。

固い中にも柔らかさがあるんですよね。

耐久性もありますしね。

でも最近は建材ボードと言われる、木の繊維を固めたボードと発泡ホームの組み合わせの畳どこがほとんどです。

発泡フォームは年数が経つと痩せたり、よく踏むところは凹んだりするので、耐久性が低いです。

ボードはそれよりは耐久性がありますので、ボードを多めに使っている畳どこの方がいいです。

それに重みがあるので、どっしりします。

しかし、ボードの上に畳おもてだととっても硬いです。

座っているとお尻が痛くなってきます。

なので、ボードと畳おもての間にクッション材を入れることをおすすめします。

厚い方が柔らかくなります。

ボード1枚とフォームの組み合わせが一番安いです。

写真の畳どこが一番安いパターンのとこです

ボードばかりのとこがいいように思いますが、それもおすすめはしません。

なので、ボードを2枚使って、フォームを入れて、クッション材を入れるのが当店のおすすめです。

その次に畳おもてだけを交換する表替えなのですが、これはどんな畳おもてを使うのかが重要なのですが、ここが選ぶのがとっても難しいです。

まず畳おもての選び方ですが、詳しくはこちらをご覧ください。

https://tokitomo-tatami.jp/blog/detail.php?cd=286

ここでは簡単に、畳おもての選び方としては、いぐさの長さです。

いぐさは株分けをしながら育っていきますので、長さによっていぐさの色、太さが変わります。

長いいぐさを使うことで、色と太さが安定するので、畳おもてにしたときにとってもきれいになります。

あと、どんなたて糸を使っているのかです。

綿糸と麻糸があるのですが、綿糸より麻糸が強いので麻糸を使うことでたくさんのいぐさを打ち込むことができるのです。

これらを加味すると、長いいぐさをたくさん使っている畳おもてがいいものになります。

そこで気になるのが価格ということになります。

このような畳おもてを使うと日焼けしたときもきれいに焼けるのでいいんですよね。

しかし、問題は価格ですよね。

長いいぐさは穫れる量が少ないので高くなります。

なので、ある程度長いいぐさを使っていて、麻と綿の糸をダブルにして使っている畳おもてを選ぶのがおすすめです。

最後はどんな畳ヘリをつけるのかです。

畳ヘリは個性が出るところです。

多くのお客さんはなんでもいいと言われておすすめはどれ?って聞かれるんですが難しいんですよね。

地味目がいいのか、派手目がいいのかを聞きながら選んでいきます。

最近は和柄の畳へリが増えてとっても個性がでるところなので好みのヘリを選んでほしいですね。

https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=16

それで、当店がおすすめする畳の表替えは21450円/枚です。

新調だと30250円/枚ですね。

あと、畳は定価というものがありませんので、畳屋をしっかり選んでほしいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

畳についてちょっと聞きたいなあと思ったらお気軽にLINEしてください

https://lin.ee/AxegjBE

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら