畳のとこはやっぱりわらでしょう

40年以上使っている畳はもう弱ってきています。


踏まれて腰がなくなり持ち上げるとふにゃりとしてしまいます。

畳の表面は茶色を通り越してこげ茶色になっているし、いぐさの表皮も剥がれて、座るといぐさの切れ端がついてしまいます。

こうなると、畳を新調しないといけません。

畳のとこをどうしましょうかと相談しました。

今の畳のとこは木の繊維を固めたインシュレーションボードと発泡フォームの組み合わせでできていることを話したりしていました。

それでも、畳はやっぱりわらがいいというこだわりがありましたので、わらで畳の新調をすることになりました。


わらのとこは固いんですけど、心地よし弾力があるんですよね。

これはわらのとこでしか味わえない感触です。

タンスも長いこと置きっぱなしになっていましたので、裏にはホコリもいっぱいたまっていました。


畳の下の掃除もすることができましたので、とても気持ちいい部屋になりました。

畳おもては大きさが本間といこともあり碧いダイヤを使いました。


畳のヘリは、前は黒の綿ベリでしたので、破れてしまっていましたが、今回は丈夫な緑のヘリにしました。

お客さんはもう新しい畳の色も匂いも忘れてたけど思い出したわって言ってもらいました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら