タンスがあって畳絵をどうしようかと迷っている方へ

畳替えのご依頼をいただいて、タンスなどの簡単には動かせないものが置いてあることがあります。

お客さんはから、「タンスはどうしたらいいですか?」と聞かれます。

そんなときは「タンスは置いといて大丈夫です」と答えます。

こんなこともありました。

猫を数匹飼っていて、猫の爪で畳はボロボロになってしまったけど、大きなタンスがあるので、どうしたらいいのか悩んでいました。

でも、畳おもてが破れてきて畳どこが見えるようになってきました。

なので、タンスがないところだけでもきれいにしようとご依頼を受けました。


見積もりで見に行くと、大きめのタンスが2本ありました。

でも、それくらいのタンスであれば動かして畳を替えることができます。

それをお客さんに伝えると、もちろん6帖すべて表替えをすることになりました。

タンスの周りの小物は整理してもらうことにお願いをして、表替えの当日を迎えます。

どのようにしてタンスを動かすのかお客さんは興味津々で見ていました。

タンスの下に「カグスベール」という道具を入れることでタンスは簡単に動かすことができます。


なので、このカグスベールを入れられるだけ持ち上げられたら大丈夫なんです。

畳の下に防虫紙が敷かれていましたが、虫が食べたのか穴が空いていました。


紙を食べて虫は死んだかもしれませんが、以前の防虫紙は薬剤が入っていて揮発してしまうと効果がなくなってしまいますので、今回はホウ酸塩を使った防虫紙を敷きました。

ホウ酸塩を使ったものは次に交換するまで効果が持続します。

そして、お客さんは畳がきれいになってとても喜んでくれました。


タンスがあって畳替えができないなあと思っている方は、ぜひ相談してください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら