畳の表替えはいつしたらいいでしょうか

よく畳の表替えはいつしたらいいのかという質問というか問い合わせをしていただくことがあります

たぶん畳の表替えが気になっているということは畳が傷んできているのだと思います。

なので、もう畳の表替えのタイミングがきているのだと思います。

では、畳の表替えのタイミングはいつなのか?

〇今の畳を10年以上使っているのはそろそろ交換時期です。

畳おもては乾燥をしてきて表面にひび割れが出てきます。

これがひどくなると、いぐさの表面が切れてきたりします。

すると、座ったりしているといぐさの切れ端が服についたりしてきます。

〇畳おもての表面に傷が入ってきている


畳おもてが新しいうちはいぐさの表面が固いので、ちょっとしたことでは傷にはなりませんが、年数が経ってくると表面が乾燥してきたり、いぐさに粘りがなくなってくることで何かを擦ったりすることですぐ傷になってきます。

着ずになるとどんどん広がってきます。

もっとひどくなると、畳おもてがなくなってしまい畳どこが見えてくることもあります。

〇いぐさの切れ端が服につく

いぐさが切れて、服につくのはもう表面がささくれ立ってきているのでいぐさの表皮は剥がれているんでしょうね。

そうなった畳の部屋で座ったり寝たりしたですか?

〇畳の色が茶色くなってきている


畳が日焼けをすると鮮やかな緑色をしていたのが、白っぽくなり、黄色くなってきます。

もっと時間が経つと茶色になってきます。

茶色くなっているといいことは、10年くらい経っているのではないかと思います。

10年も経つと、畳の下にホコリも溜まっているでしょうし、タンスがあればその裏にもホコリが溜まっているでしょうね。

そうじも兼ねて畳替えをしたいですね。

いくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまるのであれば、畳の表替えをしてもいい頃だと思います。

すっきりした部屋で気持ちよく過ごしたいですね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら