畳おもてには国産と中国産があります

畳おもてはいぐさを織り上げたものです。


そのいぐさは多くが中国で生産されています。

なので、そのまま畳おもてとして織るので中国産畳おもてが多くあります。

日本で出回っている畳おもてのほとんど、90%は中国産とも言われています。

国産と中国産の畳おもてが何が違うのかというと、

1つに匂いが違います。

国産の畳おもては甘い匂いがします。

中国産は船で日本に送られてくるのでカビ予防などの薬剤がかけられたりしているので鼻につーんとした匂いがすることがあります。

でも、使っていて意識しているからするのかもしれません。

それにこれ以上表現も難しいです。

2つ目に、いぐさの表面の強さが違います。

畳おもてを畳に加工する前は髭があるのですが、ここが中国産は切れやすいんですよね。

ということは耐久性が低いのかもしれません。

畳として敷いても中国産の方が早く痛んだということもありますので、耐久性が低いのだと思われます。

3つ目に、着色がされていることです。

畳おもてをきれいな色に見せるために中国産は着色がされていることがあります。

最近は着色されていないのもありますので、一概にはいえません。

見分け方としてはティッシュを水で少し濡らして畳おもてを擦ってみます。


すると緑色がつくようだと着色している証拠だと思います。
中国産の畳おもて

それじゃあ国産と中国産の見分け方はどうするのかというとこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/blog/detail.php?cd=288

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

時友畳商店

〒661-0047

尼崎市西昆陽1丁目1-19

電話06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら