少しでも協力ができればと思っています

ジュースやコーヒーは飲みたいときに

買えるととても便利です。

近くに自動販売機があると

助かることがあります。

 

しかし、自動販売機はそれほど儲かるものではありません。

自動販売機の電気代が出ているくらいなので、とんとんといったところでしょうか。

でも、近所の人が買ってくれているのであってもいいのかなと思って置いています。



ただ自動販売機を置いているだけではもったいないと思い

何かできないかと思っているところ

現在の阪神タイガース監督の矢野さんが行っている

39(サンキュー)矢野基金応援プロジェクトを知りました。


 

何か社会の役に立ちたいなと思っていて、考えていたところ

自動販売機の売り上げの一部を寄付金に充てられるのは

僕の思いにぴったりでした。

また、阪神タイガースファンなので矢野監督がやっていることなら

協力したいなと思いました。

 

39矢野基金応援プロジェクトとは

矢野監督が現役時代に、ファンだった筋ジストロフィー患者のお見舞いに

行ったことでした。

生活に必要な電動車いすが高額なため、運動機能が少しずつ

失われていく病気にも関わらず、症状に合わせた車いすを持てない

患者さんが多いことを知りました。

当時、矢野選手は

「応援してもらうばかりだった自分も恩返しをしたい」

と想いのもと2010年7月26日、矢野選手の寄付金を原資に

大阪府社会福祉協議会の協力のもと

筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちへの応援基金

「39(サンキュー)矢野基金」が誕生しました。


 

毎月の自動販売機の売り上げの一部を寄付としてしているので

2019年9月分2078円

    10月分2759円

    11月分1939円

    12月分1503円  合計8279円  でした。

 

これからも続けていきます。


時友畳商店
〒661-0047
尼崎市西昆陽1丁目1-19
06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。