畳って環境にやさしいと思うんですよね

中学3年生の時に見たホンダのソーラーカーに心を揺さぶられました。

ソーラーカーとは太陽の光を電気に変える太陽電池で車に乗せたバッテリーを充電させて走る車です。

そのソーラーカーでオーストラリアを縦断するレースです。

元々車は好きでしたし、F1も好きですのでホンダと聞くと気になってしまうのですが、ホンダのスピリッツがエンジンでなくソーラーカーでレースをしていることとソーラーカーという初めて見るものに興味を持ちました。

この頃は日本でソーラーカーがとても注目されていて、各地でソーラーカーのレースが行われていました。

高校1年のときに神戸であったレースを1人で見に行ったのを思い出します。

そして、高校で自動車科に通っていましたので、学校でソーラーカーを作れないかと先生に掛け合いました。

すると2年生の時に作れそうだということでいろいろ調べたりして、簡単な設計図みたいなものを作った記憶があります。

それで3年生の時に授業の一環で作れることになったのですが、担当の先生と意見が合わなかったので授業としてかかわった程度でした。

 

そんなこともあり環境問題に興味を持つようになりました。

でも、何かに取り組むことはしませんでしたね。

環境問題はずっと気にしていたので、畳屋になると畳ってとても環境問題を考えるにはとてもいいのではないかと思いました。

京都議定書で1990年に比べて二酸化炭素の退出量を6%減らす目標を立てました。

これがチームマイナス6%です。

クールビズが始まったのはこの目標を達成するためです。

でも、いつのまにか言わなくなっていました。

 

それで最近はSDGsが盛んに言われています。

これは環境問題だけではありませんが、17の目標の中に環境に関するものがあります。

そして、目標を達成するために畳がかかわるものがあるのではないかと思っています。

12,つくる責任つかう責任

13,気候変動に具体的な対策を

15,陸の豊かさを守ろう

でかかわることができるのではないかと思います。


畳が環境にやさしさはこちらに
https://tokitomo-tatami.jp/blog/detail.php?cd=223


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/




ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら