障子の貼り方

障子はホームセンターに紙や道具が売っているので、自分で張り替えをする方が多くいると思います。

しかし、綺麗に張れているのは少ないですね。

糊をべったりつけていたり、どこかが弛んでいたり、紙がきれいに切れていなかったりしています。

そこで、障子の貼り方のコツを書きたいと思います。

 

まずは障子に貼っている古い紙をきれいに剥がして、洗っください。

洗うといっても洗剤で洗うのではなく、ぞうきんやスポンジなどで擦ります。

茶色くなります。

ぞうきんやスポンジから茶色いのが出なくなるまで洗います。

水で洗うとすぐには貼れませんので乾かします。

半日は置いた方がいいですね。

 

障子が乾いたら、張る作業に入ります。

紙を貼る糊、刷毛

紙を桟につける竹べら

紙を切るカッター

切るときに障子の溝に当てる定規を用意します。

 

糊は桟からつけていきます。

隙間が空かないように刷毛で糊付けしていきます。

糊は水が多いと紙に滲んでしまうので、水は控えめなんですが、濃いと刷毛に糊をつけるのが何度も繰り返さないといけませんので、糊の濃さはなんとも伝えにくいです。

桟に糊をつけたら周りにつけます。

 

糊付けが終わると張る工程です。

ここが仕上げに影響するので大事です。

桟に紙を竹べらを使ってつけていくのですが、手でしても大丈夫です。

枠を先につけてはいけません。


紙が弛まないようにしわを伸ばしながら張っていかないといけないので、桟からです。

縦が張れたら、横を中から外へ張っていきます。


桟が張れたら、枠を張るのですが、ここで強く押さえつけて張ると紙が伸びてしまって、弛みが出てしまうので、軽くでありながら、しっかり貼り付けます。

ここでも、中から外へ張っていきます。

 

紙が張れたら、切っていきます。

乾く前に切ります。

乾いてしまうと紙が残ってしまいますので、張ってすぐに切ります。

定規を当てて、カッターで切ります。

濡れていると紙が破れやすいので、よく切れるカッターの刃を使ってください。

 

切り終わったら、2時間~3時間置くと乾きます。

乾いて紙に弛みがあるようだと、霧吹きで水をかけます。

紙は濡れて乾くときに縮むのでパリっと紙が張ります。

 

これで障子が完成です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログをお読みいただきありがとうございます。

尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、大阪市で畳に困ったことがあれば時友畳商店にご相談してください。

当店で施工いたしました畳の部屋をご覧になりたい方はこちらをご覧ください
https://tokitomo-tatami.jp/case/

また、当店で畳替えをした方からのご感想をいただきましたので、ご紹介しています。
https://tokitomo-tatami.jp/blog/category.php?cate_id=13

最近の畳のヘリはとってもカラフルです。

当店ではそれらの畳ヘリで、くるみボタンを作ってピンバッチ、ヘアゴム、ヘアピン、ブローチ、マグネットにしています。気になる方はこちらで購入することができますので、ご覧ください。
https://tokitomo.base.shop/

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。

  • 06-6431-9491

    月~土曜 9:00~18:00

    店主が1人で切り盛りしている畳屋です。
    なので、1日1軒しか対応することができません。
    その分1軒1軒丁寧な仕事をするように心がけています。

  • webからのお問い合わせはこちら