受験生はみんな受かってほしいから

2019年はラグビーのW杯で盛り上がりました。

日本代表の選手のユニフォームにも描かれていたのが和柄です。

日本伝統の和柄は知らず知らずの間に目にしています。

でも、和柄には名称もあっていろいろな意味が込められているものもあります。


和柄の中には必勝を願っているものもあります。

受験のシーズンを控えて、受験生に身に着けたりしてもらいたい和柄があります。

まずは、蜻蛉(とんぼ)文様です。



とんぼは、前にしか飛ばないことから勝ち虫と呼ばれて、

戦国武将は兜につけたりしていました。

有名なのが前田利家です。

そんなことからとんぼの柄もものを身に着けて受験に臨んでもらいたいです。


次は、矢羽根文様です。


矢羽根は相手を射抜く矢が元になっています。

受験という的を射抜くために矢羽根文様のものを身に着けてください。

次は、石畳み文様です。



石畳み文様というより、市松文様と呼んだほうが身近かもしれません。

2020年東京オリンピックのエンブレムは市松文様がモチーフになっています。

市松文様は江戸時代の歌舞伎役者の佐野川市松がが着ていてて人気が出たことから

市松文様と呼ばれるようになりました。

また、車のレースでゴールに振られるのがチェッカーフラッグで

似ていることから勝負柄として好まれています。

畳のヘリにもこのような柄のヘリがあります。

ぜひ、お部屋を勝負に勝つ柄にして受験に買ってほしいです。

見に着けられる小物もあるので、身に着けて臨んでほしいです。

気になった方は、時友畳商店までご連絡ください

時友畳商店
尼崎市西昆陽1丁目1-19
06-6431-9491

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。