タイガースの2019年

阪神タイガースの2019年、矢野監督の初めての1年が終わってしまいました。

最後は負けたら終わりという試合を続けて、感動しました。

「オレがやる」というスローガンの下始まったシーズンですが

各選手は、やれたのだろうか。

チームの方向としては、得点力の低いチームだけに

少ない点を、投手力を中心に守っていくチームのはずが

守れないことには苦しくなってしまいます。

守備陣のエラーの数がダントツに多い100を超えるようでは

少ない点数で勝ちたいチームにとっては致命傷だ。


それを補ったのが、鉄壁のリリーフ陣だ。

これだけ、エラーをして、ランナーを出しているのに

チーム防御率はトップで失点数も少ない。

シーズンの最後もリリーフ陣は無理をしたので

しっかり休んで、身体をメンテナンスして

来年もしっかり投げて欲しいと思います。


打撃陣はというと、打線の柱である4番の大山が期待ハズレだったかな。

というより、思っていたぐらいなのかとも思ってしまいます。

4番と思うと物足りない数字でした。

矢野監督が辛抱強く起用していましたが、結果がついてきませんでした。

ルーキーの近本が想像以上の活躍をしてくれたのが、

チームの躍進に貢献してくれたと思います。

ドラフトで外れ外れの1位で、そこまでしてセンターが

ほしいのかと言われたが、獲っていなかったらと思うと

ゾッとします。

これで長年空いていたセンターがまずは埋まりました。

次はショートです。

今年も、北条やルーキーの木浪の併用で、決まらなかったです。

守備力も含めてまだまだ決まらなさそうです。


シーズンの終盤で鳥谷が、今季限りで阪神を退団をして、

現役を続けるとというニュースが流れたことには驚いた。

球団のこの対応にはガッカリだ。

チームの若返りということでポジションを奪われましたが、

鳥谷の力を越えてポジションをショートもサードも

奪った訳でないのでもったいないし

鳥谷自身もまだやれると思っているはずです。

まだ、交渉の余地があるんじゃないのかと思ってしまいます。

本当に他球団にいってしまうのだろうか?

阪神って生え抜きに冷たい球団はかわらないですね。


今年は最後の粘りと運で3位という結果に終わることができたが

まだまだやることは山盛りだと思います。

先発陣も足りない。出てこい若手先発陣!

野手陣はまだまだ戦国時代。

休んでいる暇なんてないぞ、という感じです。

でも、来年が楽しみになるシーズン終盤の戦いでした。

ブログ一覧に戻る

お問い合わせ

畳の張替え・表替え、また畳に関するご質問、見積もり依頼等
気軽にお問い合わせください。